About

*

血糖値とヘモグロビン

血糖値とヘモグロビンの関係

血糖値の基本となる指標として、血液検査の際に使用される「HbA1c」という数値があります。これは「ヘモグロビンエイワンシー」と呼び、高血糖や糖尿病との関連性が強い数値です。この数値を利用して、高血糖や糖尿病の基準値も設けられています。検査の際に目にすることもあるので、その数値の意味を覚えておくといいです。

高血糖の状態が継続すると、血液中のブドウ糖が、血液の成分である赤血球、その構成要素であるヘモグロビンと結合します。その結果生まれるのが「HbA1c」です。つまり、この数値が高くなれば、それだけ血液中の糖分が多いことを意味するのです。肝心の基準値については、7%未満、中には6.5%未満が上限値となっています。これを超えると高血糖や糖尿病と診断されることになります。数値については、ヘモグロビンと関係のないものもあります。例えば空腹時血糖値、食後血糖値があります。これは血液中の糖分の量を直接示したものです。それぞれ基準となる数値があり、空腹時血糖値は126未満、食後血糖値は200未満となっています。これを超えると糖尿病と診断されます。

血糖値とHbA1cについて

血液検査の結果では、血糖値とHbA1cの両方の数値が示されます。この場合、例えば血糖値は基準値以内であっても、HbA1cが基準値を超えるということもあります。この場合、どちらの数値を重視するかが問題になります。どちらかの数値が基準値を超えただけで問題となる場合もあれば、血糖値よりもHbA1cの数値を重視する場合もあります。ここは医師の判断となります。血糖値について話すと、食事による数値の変動が高いという欠点を持っています。これに対してHbA1cはほとんど影響がないと言われています。

いずれにしても、両方の数値を使用して、どちらも基準値未満に抑えることが大切です。どちらか一方だけでも基準値に近い値が出た場合は、すぐにでも対処を行いましょう。医師によるアドバイスや処方に加えて、食事、運動、睡眠について改善するのが基本です。

2014/05/15 | 血糖値の基本

関連記事

no image

食事の回数と血糖値

食事の回数と血糖値血糖値の基本、血糖値管理の基...

記事を読む

no image

痛くない血糖値測定器

血糖値測定器について血糖値の基本として、血糖値...

記事を読む

no image

血糖値とは眠い

高血糖で眠くなる血糖値の基本として、高血糖によ...

記事を読む

no image

糖尿病と判定される血糖値の基準値

糖尿病の基準値血糖値の基本として、高血糖によっ...

記事を読む

新着記事

no image

金薬(KINYAKU)

血糖値を下げるカリウム血糖値を下げる商品を販売...

記事を読む

no image

低糖工房

低糖工房の特徴血糖値を下げる商品を扱う低糖工房...

記事を読む

no image

スーパーサラシア・トライアル

血糖値を下げるスーパーサラシア血糖値を下げる商...

記事を読む

no image

カラダこころ水(ウォーター)

カラダこころ水(ウォーター)の特徴血糖値を下げ...

記事を読む

no image

血糖値測定器の誤差

血糖値測定器の誤差について血糖値測定器は、あく...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
金薬(KINYAKU)

血糖値を下げるカリウム血糖値を下げる商品を販売...

no image
低糖工房

低糖工房の特徴血糖値を下げる商品を扱う低糖工房...

no image
スーパーサラシア・トライアル

血糖値を下げるスーパーサラシア血糖値を下げる商...

no image
カラダこころ水(ウォーター)

カラダこころ水(ウォーター)の特徴血糖値を下げ...

no image
血糖値測定器の誤差

血糖値測定器の誤差について血糖値測定器は、あく...

→もっと見る